2016年

2月

06日

『はるにあえたよ』

グランチャの山の雪が消えなくて、車が一台ようやく通れるほどで、皆様においでいただくには少し不安です。駐車場も確保できないので、今週も休館することにいたしました。本当に申し訳ございません。

 

今日は、春の絵本の紹介です。

『はるにあえたよ』 原 京子 文  はた こうしろう 絵

マークとマータはふたごのこぐま。春を探しに外へ飛び出しますが…。

はじめはモノクロ、そしてだんだんと色づいていく様子が春の訪れを感じさせてくれる、すてきな絵本です。

 

そして、この本を読みながら思い出した絵本は『はなをくんくん』です。ロングセラーのなつかしい絵本。冬の森の中、冬眠から目覚めた動物たちが、雪の中を春を探しにみんなかけていく…。

景色は真冬でも、春の匂いや春の音が聞こえてくる絵本です。

 

本当に、春が待ちどおしいかぎりです。